Gusdur no Jocku

グスドゥールとそのタクシー運転手はその日本人の日本製嗜好が嫌になってきた。そして空港に着いた時、運転手は言った。“はい。$100ね。“ “$100??ホテルからそんなに離れていないじゃないか。“ グスドゥールは“ああ…そのメーターは日本製だから速いのさ。“と言って、その日本人をあきれさせた。

Advertisements